本文へスキップ

デジタルサイネージ アプリケーションの導入事例

   
デジタルサイネージとは?
デジタルサイネージシステムは、ポスターや看板など固定コンテンツと異なり、プラズマやLCDディスプレイなどの電子表示装置を使い動的にコンテンツを表示するデジタル表示システムです。 デジタルサイネージにより、適切な情報をタイムリーに必要とする人々に配信・発信できます。
デジタルサイネージアプリケーション
デジタルサイネージのアプリケーションは、非常に広範囲な応用が考えられます。
 ・広告、プロモーション、新製品の案内
 ・フライト情報、交通情報、天気予報、時刻情報、地域情報の表示
 ・社内業務情報、教育・訓練情報、会議情報、プレゼンテーションなど

デジタルサイネージシステムの利点
 ・コストと時間の節約ができる
    印刷物と異なり、ダイナミックに内容を変更できるためコストと時間の節約ができる。
 ・利益を生成できる
    広告収入が見込める。
 ・お客様の注目度が高い
    ダイナミックなコンテンツのため、誰の目にも止まりやすい。
 ・コンテンツの更新が簡単
    電子ファイルのため変更・更新を短時間でできる。
 
 ショーウィンドウでの例
デジタルサイネージシステムの構成
デジタルサイネージシステムには、様々な構成がありますが、メディアプレイヤーと呼ばれるコンテンツをサーバから受信し、ディスプレイへ出力する専用機またはPCと、コンテンツを表示するディスプレイで構成されます。そしてメディアプレイヤーからのコンテンツを複数台のディスプレイへリアルタイムに配信するようなアプリケーションに対しては、CAT5ケーブルにて延長・配信する専用の機器が使用されます。


 デジタルサイネージでのビデオ配信ソリューション
デジタルサイネージでのビデオ・オーディオ・データ配信において、当社は、PCやブルーレイプレーヤーなどのビデオソースからからディスプレイまでの各種ビデオ延長・配信機器を提供しています。ビデオの延長は、CAT5e/6/6aケーブルまたは光ファイバケーブルを使用して延長します。延長方法は、ケーブルでのポイント・ツー・ポイントでの延長、またはEthernet HUBを使った延長などを用途に合わせて選ぶことができます。
これら豊富な種類のビデオ延長製品は、国内で幅広く利用されています。

 ビデオ配信システムで要求される機能
  
・設置が簡単
  ・高信頼性
  ・リアルタイム配信
  ・保守が簡単
  ・高解像度ビデオのサポート
  ・高いコストパフォーマンス
          

 デジタル ビデオの延長・配信 製品群
  ・CAT5e/6または光ファイバでのデジタルビデオの延長
    (1)HCE-100 HDMI エクステンダー over LAN:1080p HDMI、RS232、IR信号をCAT5ケーブルで延長。
    (2)DCE-100 DisplayPort エクステンダー over LAN:1080p DisplayPortビデオ、RS232、IR信号をCAT5
       ケーブルにてEthernet HUBを使い延長。
    (3)HUE-150 エクステンダー over LAN:1080p HDMIビデオ、USB KB&マウスをCAT5ケーブルで150m延長。
    (4)BHDBT-K-E3SI-LR:HDBaseT 4K2K HDMI, Ethernet, RS232, IR信号をCATxケーブルで100m延長
    (5)BHDBT-K-E3SPI-L:HDBaseT 4K2K HDMI, Ethernet, RS232,電源, IR信号をCATxケーブルで100m延長
    (6)BHDBT-K-E3SI-ER:HDBaseT 1080p HDMI, Ethernet, RS232, IR信号をCATxケーブルで150m延長
    (7)BHDBT-K-SI-LR:HDBaseT 4K2K HDMI, RS232, IR信号をCATxケーブルで100〜600m延長
    (8)BHDBT-K-PI-LR:HDBaseT 4K2K HDMI, 電源, IR信号をCATxケーブルで100m延長
    (9)BHDBT-K-SI-ER:HDBaseT 1080p HDMI, RS232, IR信号をCATxケーブルで150〜900m延長
    (10)HSE-1020-4K over LAN: 4K2K HDMI、USB2.0、RS232、IRをCAT5/光ファイバにて延長(
    (11)HSE-1025 over LAN: 1080p HDMI/DVI-I、USB2.0、RS232、IRをCAT5/光ファイバにて延長
    (12)DSE-1025 over LAN: 1080p DVI-D、USB2.0、RS232、IRをCAT5/光ファイバにて延長


  スプリッタやマトリックススイッチなどの製品は、
AV製品一覧リスト、またはAV製品カタログを参照して下さい。


デジタルビデオ over LAN 延長システム- HCE-100/DCE-100 
HCE-100 のシステム構成 〜HDMIデジタルビデオとRS232の延長システム
10/100 Mbps Ethernet HUBを介し、1080p@60HzのHDMIデジタルビデオとRS232を延長可能

HCE-100 chart 1080p@60 HDMIとRS232を延長

HDMI 1.3, HDCP対応

10/100 Mbps Ethernet HUBを利用

トランスミッタとレシーバから構成

1 x N 構成

最大10レベルまでのカスケード接続

ビデオ調整は、不要

DCE-100は、DisplayPortの延長用


非圧縮のHDMIデジタルビデオ 延長システム−BHDBT-K-E3SI-LR 4K2K HDMI エクステンダー

1本のCATxケーブルにて4K2K HDMIビデオ、双方向RS232、100Mbps Ethernet, IRを最大100m延長
    BHDBT-K-E3SI-LR HDbaseT準拠

最大100m延長。

4K2K HDMI ビデオ

100 Mbps Ethernet

RS232シリアル

IR制御信号

NxN構成のHDMIデジタルビデオ 延長システム−HSE-1020-4K HDMI2.0 USB2.0 マトリックスエクステンダー
4K2K HDMI、USB2.0 、RS232、双方向 IR制御信号を1本のCATxケーブルまたは光ファイバにて延長
       video wall system
HDMI 2.0a準拠

4K2K HDMI ビデオ

USB 2.0

RS232シリアル

双方向IR制御信号

デジタル/アナログ
オーディオをサポート


受信機のグループ化

Gigabit Ethernet HUBの利用


 多様なアプリケーションに対応したビデオの延長システム−HSE-1025 HDMI/USB 2.0 マトリックスエクステンダー
1080p@60Hzの HDMI、USB2.0 、RS232、双方向 IR制御信号を 1本のCATxケーブルまたは光ファイバにて延長

(1)HDMIを1x2で延長
1080pのHDMIをCAT5e/6ケーブルで最大100m延長し、HSE-1025-RXレシーバのHDMIとDVI-Iポートへ同時に出力する
 HSE-1025 PtoP


(2)Gigabit Ethernet HUBを介してHDMIを延長
1080pのHDMIをGigabit Ethernet HUBを介して、1xN構成で柔軟に延長できます。HSE-1025にはグループ化機能が
あり、レシーバを同じ送信機チャンネルに設定することで、複数の受信機に同時に画像を送信できます。
HSE-1025 Ethernet HUB


(3)光ファイバケーブルを介してHDMIを長距離延長
HSE-1025にオプションのSFP光モジュールを搭載し、SMまたはMM光ファイバケーブルにて長距離延長する。
HSE-1025 Optical fiber


(4)ワイヤレス無線LANを介してHDMIを延長
1080p HDMIを無線LANを介して転送することができます。Ethernetの通信帯域制限機能を使い、スムーズなビデオ転送が
できます。
HSE-1025 Wireless 


(5)タッチパネルを使ってリモートから操作
USB 2.0対応のタッチパネルを使ってリモートからPCを操作することができます。
HSE-1025 Touch panel 


(6)N x N 構成のマトリックスKVMスイッチ
Nサーバ x NユーザのマトリックスKVMスイッチを構成できます。ユーザは、押しボタンスイッチ、IRリモコンまたは
WEBブラウザからサーバを切り替えて使用できます。
HSE-1025 KVM switch


(7)N x N、1 x N、N x 1構成のマルチスクリーンを簡単に構成
HSE-1025は、ビデオウォール構成機能をサポートしており、NxN、1xN、Nx1構成のマルチスクリーンを簡単に
構成できます。またディスプレイへ90°、180°、270°回転した画像を出力できます。
HSE-1025 multi screen 

      
*日本語マニュアルは、製品に添付して出荷されます。