本文へスキップ

デジタルサイネージ アプリケーションの導入事例

   
デジタルサイネージとは?
デジタルサイネージシステムは、ポスターや看板など固定コンテンツと異なり、プラズマやLCDディスプレイなどの電子表示装置を使い動的にコンテンツを表示するデジタル表示システムです。 デジタルサイネージにより、適切な情報をタイムリーに必要とする人々に配信・発信できます。
デジタルサイネージアプリケーション
デジタルサイネージのアプリケーションは、非常に広範囲な応用が考えられます。
 ・広告、プロモーション、新製品の案内
 ・フライト情報、交通情報、天気予報、時刻情報、地域情報の表示
 ・社内業務情報、教育・訓練情報、会議情報、プレゼンテーションなど

デジタルサイネージシステムの利点
 ・コストと時間の節約ができる
    印刷物と異なり、ダイナミックに内容を変更できるためコストと時間の節約ができる。
 ・利益を生成できる
    広告収入が見込める。
 ・お客様の注目度が高い
    ダイナミックなコンテンツのため、誰の目にも止まりやすい。
 ・コンテンツの更新が簡単
    電子ファイルのため変更・更新を短時間でできる。
 
 ショーウィンドウでの例
デジタルサイネージシステムの構成
デジタルサイネージシステムには、様々な構成がありますが、メディアプレイヤーと呼ばれるコンテンツをサーバから受信し、ディスプレイへ出力する専用機またはPCと、コンテンツを表示するディスプレイで構成されます。そしてメディアプレイヤーからのコンテンツを複数台のディスプレイへリアルタイムに配信するようなアプリケーションに対しては、CAT5ケーブルにて延長・配信する専用の機器が使用されます。


 デジタルサイネージでのビデオ配信ソリューション
デジタルサイネージでのビデオ・オーディオ・データ配信において、当社は、PCやブルーレイプレーヤーなどのビデオソースからからディスプレイまでの各種ビデオ延長・配信機器を提供しています。ビデオの延長は、CAT5e/6/6aケーブルまたは光ファイバケーブルを使用して延長します。延長方法は、ケーブルでのポイント・ツー・ポイントでの延長、またはEthernet HUBを使った延長などを用途に合わせて選ぶことができます。
これら豊富な種類のビデオ延長製品は、国内で幅広く利用されています。

 ビデオ配信システムで要求される機能
  
・設置が簡単
  ・高信頼性
  ・リアルタイム配信
  ・保守が簡単
  ・高解像度ビデオのサポート
  ・高いコストパフォーマンス
          DIGI受賞

 アナログ/デジタル ビデオ延長・配信 製品群
  ・CAT5e/6または光ファイバでのデジタルビデオの延長
    (1)HCE-100 HDMI エクステンダー over LAN:1080p HDMI、RS232、IR信号をCAT5ケーブルで延長。
    (2)HSE-100 HDMI エクステンダー over LAN:1080p HDMI、RS232、IR信号をCAT5ケーブル又は
       SM/MMモード光ファイバケーブルで延長。またEthernet HUBを使い延長することも可能。
    (3)DCE-100 DisplayPort エクステンダー over LAN:1080p DisplayPortビデオ、RS232、IR信号をCAT5
       ケーブルにてEthernet HUBを使い延長。
    (4)HUE-150 エクステンダー over LAN:1080p HDMIビデオ、USB KB&マウスをCAT5ケーブルで150m延長。
    (5)KTE-150UDA エクステンダーover LAN:1080p DVI、オーディオ、USBタッチスクリーンを150m延長
    (6)BHDBT-K-E3SI-LR:HDBaseT 4K2K HDMI, Ethernet, RS232, IR信号をCATxケーブルで100m延長
    (7)BHDBT-K-E3SPI-L:HDBaseT 4K2K HDMI, Ethernet, RS232,電源, IR信号をCATxケーブルで100m延長
    (8)BHDBT-K-E3SI-ER:HDBaseT 1080p HDMI, Ethernet, RS232, IR信号をCATxケーブルで150m延長
    (9)BHDBT-K-SI-LR:HDBaseT 4K2K HDMI, RS232, IR信号をCATxケーブルで100〜600m延長
    (10)BHDBT-K-PI-LR:HDBaseT 4K2K HDMI, 電源, IR信号をCATxケーブルで100m延長
    (11)BHDBT-K-SI-ER:HDBaseT 1080p HDMI, RS232, IR信号をCATxケーブルで150〜900m延長
    (12)HSE-1020-4K over LAN: 4K2K HDMI、USB2.0、RS232、IRをCAT5/光ファイバにて延長(
    (13)HSE-1025 over LAN: 1080p HDMI/DVI-I、USB2.0、RS232、IRをCAT5/光ファイバにて延長
    (14)DSE-1025 over LAN: 1080p DVI-D、USB2.0、RS232、IRをCAT5/光ファイバにて延長
  
  ・VGAアナログビデオの延長・配信 システム
    (1) DS Vision 3000:業界最高峰のCAT5ケーブルでのアナログビデオ配信システム。1080p フルハイビジョン
       ビデオとステレオ オーディオ、双方向RS232を最大600m離れた数千台のディスプレイに配信可能。

    (2)KE-200 KVMエクステンダー:1080p VGA、PS2/USB KB&マウスをCAT5ケーブルで200m延長

  スプリッタやマトリックススイッチなどの製品は、
AV製品一覧リスト、またはAV製品カタログを参照して下さい。


デジタルビデオ over LAN 延長システム- HCE-100/DCE-100 
HCE-100 のシステム構成 〜HDMIデジタルビデオとRS232の延長システム
10/100 Mbps Ethernet HUBを介し、1080p@60HzのHDMIデジタルビデオとRS232を延長可能

HCE-100 chart 1080p@60 HDMIとRS232を延長

HDMI 1.3, HDCP対応

10/100 Mbps Ethernet HUBを利用

トランスミッタとレシーバから構成

1 x N 構成

最大10レベルまでのカスケード接続

ビデオ調整は、不要

DCE-100は、DisplayPortの延長用


非圧縮のHDMIデジタルビデオ 延長システム−BHDBT-K-E3SI-LR 4K2K HDMI エクステンダー

1本のCATxケーブルにて4K2K HDMIビデオ、双方向RS232、100Mbps Ethernet, IRを最大100m延長
    BHDBT-K-E3SI-LR HDbaseT準拠

最大100m延長。

4K2K HDMI ビデオ

100 Mbps Ethernet

RS232シリアル

IR制御信号

NxN構成のHDMIデジタルビデオ 延長システム−HSE-1020-4K HDMI2.0 USB2.0 マトリックスエクステンダー
4K2K HDMI、USB2.0 、RS232、双方向 IR制御信号を1本のCATxケーブルまたは光ファイバにて延長
       video wall system
HDMI 2.0a準拠

4K2K HDMI ビデオ

USB 2.0

RS232シリアル

双方向IR制御信号

デジタル/アナログ
オーディオをサポート


受信機のグループ化

Gigabit Ethernet HUBの利用


 1080p アナログビデオの延長システム−DS Vision 3000
DS Vision 3000のシステム構成
1本のCAT5ケーブルにて1080p@60HzのVGAビデオ、ステレオ・オーディオ、双方向フルRS232を分配・延長
  DS Vision 3000 構成図   
最大600m

スター及びデージーチェーンの接続方式をサポート

チューニングユニットまたはソフトウェアにて簡単にビデオ調整

1080pのVGAビデオ

ステレオ オーディオ

双方向フルRS232

ユーティリティソフトウェアにてシステムの統一管理
DS Vision 3000のシステム構成例
 DS Vision 3000 システム接続例ー1
 
ビデオ調整

DS Vision 3000 は、CAT5/6/7ケーブルにて高解像度ビデオを伝送しますが、延長するケーブル長に合わせて調整する必要があります。延長ケーブルは、AWG24 CAT5e STPストレート単線ケーブルを推奨しています。以下の3週類のビデオ調整方法があります。
   
   ・付属ソフトウェアによる調整  画像調整ユニット
   ・小型ビデオ調整ユニットの使用
   ・LAN接続したノートPCから調整
統一管理
DS Vision 3000 は、付属のサービスユーティリティにより、グラフィカルユーザインターフェィスでのシステムの一括管理が可能です。

           DS Vision 3000 ユーティリティ


Minicom Digital Signage(MDS) 製品の導入事例
MDS 社のビデオ分配・延長機器は、世界中のラスト1マイルでの配信に多数導入されています。いくつかの大規模な導入事例を示します。

Landmark Landmark 映画館(USA) DS Vision 3000  印刷版
Landmarkは、アメリカ国内の58ヶ所の映画館を持つ全米最大の美術映画シアター(Art House Movie Theater)チェーンで、バルチモア市の新しい映画館のHDビデオ配信システムにMinicom 社のDS Vision 3000システムを採用しました。 Landmark社の目標は、DVI/HDMI配信システムの半分のケーブル配線と使用サーバの35%の削減でした。DS Vision 3000システムにより、大幅なケーブルスペースと設備費用の削減を実現できました。
EDSAショッピングモール EDSA ショッピングモール(フィリピン) DS Vision 3000  印刷版
世界最大規模のショッピングモールチェーンであるEDSAは、フィリピン内の6つのショッピングモールでのデジタルサイネージシステムにMinicom 社のDS Vision 3000システムを採用しました。パイロットシステムでは、各ディスプレイに対して1台のメディアプレイヤーを設置し、運用していましたが、規模を拡大すると価格面で問題があり、1:Nでの高解像度ビデオをリアルタイム配信ができるDS Vision 3000を採用し、規模を拡大しました。
Humburgショッピングモール Humburg ショッピングモール(ドイツ) DS Vision 3000  印刷版
ハンブルグ AFZ ショッピングモールは、60,000平方メートルの広さで240店舗あり、1日の来客数は、約45、000人です。モール内に38台の46インチディスプレイを戦略的な場所に設置し、4つの放送チャンネル(ニュース、娯楽、スポーツなど)、モール内情報や広告を放映しています。ビデオ配信システムとしてDS Vision 3000 システムが採用され、リアルタイムに高解像度ビデオを配信しています。狙いどおり広告収入の道も開けたのでモール経営者は大変満足しています。
ガソリンスタンドでの事例 ガソリンスタンド(アイルランド) VDS  印刷版
アイルランドのRetoil社やスイスのBP社のガソリンスタンドでは、ガソリンスタンドでのデジタル広告にVDSシステムを採用しています。ビデオだけでなく音が必要な場合は、AVDSシステムを推奨しています。MINICOM社のIP延長製品 (KVM Over IP) であるIP Controlを使用し、事務所内のプレイヤPCをリモートからBIOSレベルで制御しています。
鉄道駅での事例 鉄道でのデジタルサイネージ(ロシア) DS Vision 3000  印刷版
モスクワ郊外のSheremetevo空港にモスクワ中心部と空港とを結ぶ新しい鉄道駅がオープンしました。この新駅には、オフィス、レストラン、娯楽施設があり、鉄道会社は、23台のLCDディスプレイを設置し、各種案内、広告を放映したいと考えていました。システムインテグレータは、ビデオ配信システムとしてDS Vision 3000を選定しました。鉄道会社は、情報/娯楽サービスと広告収入の道が開けたことに満足しています。
この成功体験でロシア内のその他の鉄道駅へもデジタルサイネージシステムを導入するようシステム受注会社は努力しています。
Bancomer 銀行 銀行でのデジタルサイネージ(メキシコ) DS Vision 3000  印刷版
ラテンアメリカで2番目に大きなBancomer銀行は、メキシコ内の1500支店においてデジタルサイネージを導入し、お客様に娯楽と広告サービスを提供したいと考えていました。また第3者の商品やサービスの広告も放映し、広告収入を得たいと考えていました。パイロットとして500支店に導入が決まり、ビデオ配信システムにDS Vision 3000が採用されました。
病院での事例 病院でのデジタルサイネージ(スイス) VDS  印刷版
スイスの有名な病院では、救急治療に力をいれており、患者の心電図などの情報を患者のベッド脇だけでなく、病院内の看護婦の休憩所、通路、受付などにディスプレイを設置し、サービスの向上と先生・看護婦の負担を軽減したいと考えていました。
ビデオ配信システムとして、VDSが採用され、最大100m離れた場所に設置された複数台のディスプレイにリアルタイムに患者データを表示しています。
*日本語マニュアルは、製品に添付して出荷されます。