本文へスキップ

VDS ビデオの延長・分配システム

   
製品概要
CAT5 ビデオ ディスプレイ システム(VDS)は、柔軟な構成が可能な多チャンネルVGAビデオスプリッタ(ビデオ分配器)であり、高解像度のコンピュータビデオをCAT5ケーブルを介して数百台のディスプレイにリアルタイムで配信します。CAT5ケーブルにて最大110m延長できます。

駅や空港バスターミナルなどでの発着情報表示、銀行や証券会社での株価情報等の表示、百貨店やレストランでの広告情報の表示、複数会議室におけるマルチメディアプレゼンテーション、マルチメディア教室などのデジタルサイネージ アプリケーションに最適です。
フルハイビジョンビデオ、ステレオオーディオ、双方向フルRS232を1本のCAT5ケーブルで最大600m延長配信できるDS Vision 3000 も参照して下さい。

HDMI、RS232、IR制御信号をEthernet HUBにて延長できるHCE-100エクステンダー、Display Port、RS232、IR制御信号をEthernet HUBにて延長できるDCE-100エクステンダー、HDMI、RS232、IR制御信号を光ファイバにて延長できるHSE-100エクステンダー、1080p HDMIとUSB KB & マウスを1本のCAT5eケーブルで150m以上延長できるHUE-150エクステンダーも参照して下さい。

VDSシステムは、日本国内においても1000台を超えるディスプレイに接続されて幅広く利用されています。

特 徴
● VGAビデオを最大110m離れた数百台のディスプレイ装置へリアルタイムに配信可能。
 シールド付きCAT5/6/7 UTP/STP単線ケーブルを使用したビデオの配信のため、設置が簡単で価格が安い。
 高解像度ビデオ 1080Pフルハイビジョン(1920x1080)をサポート。
 ハードウェアソリューションであり、リアルタイムビデオ配信が可能。
 柔軟にシステム拡張ができる。
● オプションの制御ユニットにて、瞬時にビデオソースの切替、ブラックアウトが可能。
● ローカルのディスプレイにより配信ビデオを確認可能。
 リモートユニット側でビデオイメージの微調整が可能。
● 豊富な構成機器(8chの送信装置、8chのラインスプリッタ、2種類のリモートユニット)

● デュアルスクリーンリモートユニットには、電源アダプタは不要。

               

 VDSシステム構成図  
制御ボタン
制御ユニット(オプション)
VDSブロードキャスター
VDSブロードキャスター
AVDSランスプリッタ
 VDSラインスプリッタ
VDSデュアルリモート
VDSリモート デュアルスクリーン
主仕様
 ビデオ解像度  最高 1920 x 1080  (ただし最大30mまで、1366x768の場合は最大50mまで)(注2)
 入出力ビデオ信号  アナログ信号(R,G,B) 0.7VP-P 75Ω
 SYNC  TTL コンパチブル
 H/V SYNC極性  正/負
 システムケーブル  CAT5 UTP/STP ストレート単線ケーブル AWG24 (STPケーブルを推奨)(注1)
 最大ケーブル長  110 m
 動作温度  0〜40 ℃
 保存温度  -40〜70 ℃
 ブロードキャスター  ラインスプリッタ デュアルリモート
 コネクタ  VGA In : HDD15M
 VGA Out: HDD15F
 System Out: RJ45 x 8
 コントローラ:ミニDin8F
 System In: RJ45
 System Out: RJ45 x 8
 
 System In: RJ45
 
Screen: HDD15F x 2
 供給電源  電源モジュール(12VDC 2A)  電源モジュール(12VDC 2A)  CAT5ケーブルから
 サイズ (mm)  42(H) x 175(W) x 96(D)  42(H) x 121(W) x 96(D) 24(H) x 47(W) x 94(D)
 重量  600 g  420 g 114 g
(注1)シールド無しUTP AWG24 CAT5単線ケーブルでも使用できまが、シールド付きAWG24 STPケーブルの使用を推奨します。
(注2)解像度は、ケーブル長に依存します。
(注3)装置の塗装色は、以前は白色でしたが、現在は濃い灰色になっております。



カタログは、こちら

*日本語マニュアルは、製品に添付して出荷されます。